ペット用ケージのニコ楽ケージ

 

ヤマダモールでの購入はこちら

安心、安全、快適、便利だけじゃない。

スタイリッシュなドライブボックス「ドッグペディア」発売!

心地良いソフト素材、わずか30秒でクッションに変身する新発想の製品です。

株式会社シーエスは、山口県防府市に本社を置く縫製会社(肌着・水着・カーシート等)です。本製品は、大切な家族であるペット(小型犬)を自動車の助手席に乗せて、人もペットも安全に、快適に、いつでもドライブができる、便利でスタイリッシュなケージを目指して開発しました。 独自の縫製技術を活かして、オールソフト素材で作り上げたメイド・イン・ジャパンのドライブボックス「ドッグ ペディア」は、使用しない時にも取り外さずに、約30秒で簡単コンパクトに折りたたんでクッションとして使用できる、新発想のアイデア製品です。リード付きなので、急ブレーキ時のペットの飛び出し等の心配はありません。 大切なペットの安全と快適なドライブを支えるのはもちろんのこと、不使用(折りたたみ)時のクッションとしての座り心地も快適です。


ドッグ ペディアはペットを大切にする新商品です

愛犬とおしゃれにドライブを楽しみたい人のために、スタイルと機能を追究したドライブボックス。軽量コンパクトでソフトな素材なのに、ペットが寄りかかっても型崩れしません。

座席に固定したままコンパクトに折りたためるドッグペディアは、使わないときにはクッションとして快適なドライブをお手伝い。クッションが不要な場合は簡単に取り外せます。


ペット用ケージのニコ楽ケージ

普段はクッション

img

クッションとしてもデザイン性に優れ、助手席で快適なドライブが出来ます。

30秒で組み立て

img

ペットとお出かけのときは30秒で簡単にケージの組立ができます。

運転中も安全

img

運転中もケージはシートに固定し、ペットの安全のためリードも付いています。

 

ヤマダモールでの購入はこちら



ニコ楽ケージ装着ビデオ(1)装着編

ニコ楽ケージ装着ビデオ(2)脱着編


ニコ楽ケージ

本商品は、小型犬のペットを自動車に乗せる際に用いる補助席に置き、助手席につけて運転でき、使用しない際には折りたたむことで通常の助手席用の敷物として利用できます。また、不要な場合には、助手席から取り外しができますが、快適なクッションとなっています。

特に動物愛護の視点からも制作しており、ケージはしっかりと固定でき、リードが付属ていますので運転中の急ブレーキなどによる飛び出しがありません。

ヤマダモールでの購入はこちら

 

会社概要

こだわり選び抜いた自信のプロダクト

会社概要

社名 株式会社シーエス
本社 〒 747-0004 
山口県防府市牟礼 539 番地-1
TEL : 0835-23-8236
FAX : 0835-23-8266
MAIL: info@cs-mk.co.jp
 代表取締役社長 加藤 誠
 資本金 1000 万円
 設立日 平成 10 年7月設立
 従業員数 28名
 業務内容 縫製業(車シート・肌着や水着、シャツなどの縫製・オリジナルブランド犬服製作など)
▼更に詳しい会社概要はこちら(pdf)
 WEB オリジナルブランド犬服:
http://cs-mk.co.jp
住宅用エアーバック 


アクセスマップ



 

開発の経緯

こだわり選び抜いた自信のプロダクト

動物愛護と犬の種類

ペットの命は、飼い主にとっては大事なものです。
車の安全は人を対象に法律が出来ていましたが、動物の保護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(動物の愛護及び管理に関する法律)の施行ががありました。
第一項目中に「命あるものである動物の所有者又は占有者としての責任を十分に目指して」が加えられました。
株式会社シーエスはペットの命の安全のため「ニコ楽ケージ」を開発しました。
対象となる犬の種類は中型犬と小型犬です。
ご注文の際にご確認ください。
【小型犬】シーズー、パピヨン、パグ
【中型犬】 ビーグル、柴犬、ブルドッグ
※中型犬は現在開発中です





ケージのアンケート

■運転中のペットの保護の工夫
具体的にどんな工夫などをしていますか。
●第一位:ペット用シートカバーを敷く(27.1%)
・後部座席をすっぽり覆ったシートカバーと座席部にペット用クッションを完備。(50代男性)

・座席全体をフラットにしてシートカバーを敷き、その上に犬専用のハウスを設置。
 窓には暑さ寒さ対策用にキルト加工のシェードを貼っています。(40代女性)
●第二位:クッションなどで足場を固める(15.0%)
・クッションを敷き詰めて、助手席と運転席を自由に行き来できるようにしている。(50代男性)
・高めのクッションを置いて、外の景色を見やすいようにしいます。(60代女性)
●第三位:キャリーバック・専用ケースの設置(12.6%)
・専用のキャリーバックなどでシートを固定させて安全にしている。(30代女性)
・ラゲッジルームのうえにクッション材をしいて、犬専用のキャリーバックを置く。(30代男性)